STOP THE WATER WHILE USING ME! POP-UP SHOP レポートvol.3「keiko kurita Photo Exhibition」

こんにちは。
STOP THE WATER WHILE USING ME!です。
本日も暑い日になりそうですが、青空シャワーも準備万端、開店です!

さて、私たちのPOP-UP SHOP、残すことわずかとなりましたが、
ギャラリーNOW IDeAにて特別展示中の「keiko kurita Photo Exhibition」についてお届けします。

「水」をテーマにした今回、幸運なことにユトレヒトのオーナー江口さんから素敵なご縁をいただき、
日本を離れて、アイスランドで活動されていた写真家 keiko kurita さんが、ちょうど日本に戻ってこられたタイミングで、この特別展示を実現することができました。

「mystic water / geothermal (神秘の水 / 地熱)」 2009-2010










どんな風にみえますか?

どこかとらえどころのない水模様。色、形、を変え、透明感のある水の世界がめいいっぱい切り取られています。
写真の四角におさめられているのだけれど、不思議とどこまでも広がるイメージは、決まった形をもたない水だからでしょうか。
どこまでも伸びそうな美しい青、水模様に、心の奥まですっと澄み渡るよう。

「mystic water / geothermal (神秘の水 / 地熱)」 は、実は、アイスランドの地熱地帯の温泉で撮影された作品です。
温泉から立ち上る湯気、風の音、水の音、そして揺らめく水面の表情はどんどん変わり、あまりにも神秘的で自分が本当にそこにいるのか分からなくなるほど幻想的な情景が広がっているそうです。









そのあまりにも神秘的で幻想的な情景になるすべてが、風だったり、地熱だったり、水と繋がっていて、幻想とは自然原理から起こると実感するそうです。
そして、その幻想と現実が合わさる瞬間をおさめることが重要なテーマだといいます。

keiko kurita さんは、ご自身にとって、特別な場所「アイスランド」を2004年から過去8年に渡って撮り綴ってきました。
当たり前なんだけど意識しない、知ってるけど意識しない自然の摂理を「アイスランド」にいるとすごく気づくこと、それをとても魅力に感じていると話してくれました。
そして、シャッターをきる時、他の場所だと迷いを感じる時もあるといいますが、「アイスランド」は足を踏み入れた時から、不思議と、すっとうまくいく感覚があるそうです。

それはきっと、自分の”nature”や”roots”に近いものを感じたのだと教えてくれました。

keiko kurita さんの作品には、今回の「mystic water / geothermal(神秘の水/地熱)」の他に、
「White H2O(白いH2O)」、「innocent water」、「aquatic water」と作品のテーマとして「水」が多くみられます。

雪。氷。霧。湖。海。雨。プールの水。水族館の水。これらは物理的に形や色を変えても全て「H2O(水)」です。
その無意識に写していた「水」に気付いて以来、作品のテーマとして「水」が常に念頭にあったといいます。

keiko kurita さんにとって「水」は、美しく、神秘的で、大切で、人にとって無くてはならないモノで、しかし一転、それによって人が命を落としたりと恐ろしい面もあり、その相反する二面性を持ち合わせる不思議な存在だといいます。

本日最終日となりましたが、是非、実際に展示をご覧になっていただきたいです。

また、keiko kurita さんの今回の写真の写真集「mystic water / geothermal」はユトレヒトでもお求めいただけます。



皆さんにとって、水はどんなモノですか?

STOP THE WATER WHILE USING ME!
——————————————————————————————————–
keiko kurita(写真家)
HP:swimming with the spacy monster


STOP THE WATER WHILE USING ME! ニュース

Leave a Reply

メールアドレスは表示されません。 * は必須項目です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>