バスタイムで全身ケア

BIOTOPE INC.は一緒に働く仲間を募集しています。


「家でお風呂」という文化が発達したのは、昭和30年頃から。
湯船にゆっくりと浸かり、一日の疲れを癒やす場所として人々に根付いてきました。

温泉も日本全国にあり、四季折々感じながらお湯につかる。。
お風呂文化は、日本の誇れる文化の一つですよね。

dsc_3339 (2)
そんなお風呂好きの日本人でも、夏の暑い日にお風呂に浸かる回数はやっぱり減ってきてしまうもの。

そんな数少ないバスタイムを使って、美容効果と健康増進効果の高い入浴法があれば、
夏のバスタイムが楽しい時間になりますよね。

本日は、数ある入浴法の中でも短時間で効果が得られる、
「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」をご紹介致します。


そもそも「ヒートショックプロテイン(HSP)」ってなに?


ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。
免疫細胞の働きを強化したり、溜まると体のだるさや肩こりなどの原因にもなる”乳酸”の発生を遅らせて、
体の疲れを取り除いてくれるなどの力も持っています。


ヒートショックプロテイン(HSP)の健康効果


最新の研究によると、体内のHSPが増えることで、
傷や病気が治りやすくなったり、疲れにくい、カゼやインフルエンザにかかりにくい、
低体温体質が改善する、などの健康増進作用があることがわかってきています。

つまり、体内に常に多くのHSPがあれば、治癒力の高い健康な体を維持できるということです。
ただ、もともと体内に存在しているHSPは、加齢とともに減少していきます。


ヒートショックプロテイン(HSP)を増やすには?


精神的な緊張や激しい運動、または紫外線や放射線、加圧や低酸素など、
体がストレスと感じる刺激を与えることで、HSPを増やすことが出来ます。

ただ、中でも一番効率的かつ効果的なのが、「体を温めること」。
つまり、HSPをもっとも手軽に増やすことができるのが、お風呂なんです。
さらに効果的にHSPを増やすために考えられたのが、
「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」です。


”ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法 って?


簡単に言うと、少し熱めのお風呂に短時間つかることで、
体に熱ストレスを与え、体内のタンパク質の増加を促す入浴法のことをいいます。
日々のお風呂習慣に取り入れて、疲れ知らずの身体にしましょう。


ヒートショックプロテイン(HSP)の入浴法のポイント


この入浴法の最適な頻度は、週に2〜3日。
熱めのお湯(40~42度)で20分程度入浴し、
自分の平熱から+1.5度(38度程度)を目安に体温を上げます。
入浴後は、バスタオルなどで全身をくるみ、
熱を逃がさないようにして10~15分間安静にながら、しっかりと保湿を。
入浴前後で500mlの水分補給を目安にしてください。

13913594_1164073340280707_5692620079522559220_o (1)
増加したHSPは1週間ほど体内に残り、その力を発揮します。
HSPのパワーがピークを迎えるのは、入浴から2日後といわれているので、
「元気になりたい日」とか「勝負したい日」から
逆算してこの入浴法を試してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみにこの入浴法でHSPを増やすのは、週に2回の割合が最適と言われています。
あまり頻繁にやりすぎると、この程度の温度での入浴では、
体が熱ストレスを感じなくなってしまうようです。


夏の暑さで、元気がなくなってしまった方にこそオススメしたいこの入浴方法。
今晩、面倒な気持ちをグッと抑えて「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」にチャレンジしてみては?


入浴時のプラスケアアイテム


そこで、ちょっとプラスのケアのご提案。
お風呂に浸かっている間、なんだか時間がゆっくり流れていて、
10分が30分にも思えたりしますよね。
そんなゆったりした時間に、”ながら”ケアもしてみてはいかがでしょうか。

まずは、“ながら”ヘアトリートメント

160803_GRA_conditioner

コンディショナー_GROWN ALCHEMIST


頭皮もマッサージ出来るコンディショナー。
シャンプーをした後コンディショナーで頭皮全体をマッサージして、
髪全体にコンディショナーをなじませタオルで包んで入浴。

お風呂からあがる頃には、キューティクルの整った潤ったツルツル髪になるだけでなく、
頭皮にも栄養がいきわたり、髪全体が生まれ変わります。


次に、“ながら”歯磨き

160803_STW_hamb

トゥースブラシ_STOP THE WATER WHILE USING ME!


入浴中の歯磨きは、口内環境を良くするのにとても効果的と言われています。

なぜなら、寝る前の歯磨きよりも時間を掛けて丁寧に磨ける事。
また、血流が良くなることで歯茎が緩み汚れも落としやすいことが理由。
虫歯予防も口臭ケアも出来るなんて、お風呂の効果は計り知れませんよね。

水を大切にしようと言うメッセージが込められた歯ブラシを使えば、満足度◎。


夏も本番。
疲れを溜めず、全身ケアをして夏を楽しみましょう。


GROWN ALCHEMIST STOP THE WATER WHILE USING ME! ニュース

Leave a Reply

メールアドレスは表示されません。 * は必須項目です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>