印象は見た目から!男性こそスキンケアが必須な理由


スキンケアというと女性のみが行うものだと思ってる男性は多いものです。
なかには、洗いざらしが「男らしさ」と感じている人もいるでしょう。


結構見られている!男性の肌


初めての仕事や、知らない女性に知り合う機会があるとき、第一印象を決めるのが見た目です。女性と違ってお化粧をしない分、実は男性こそ、素肌そのものの美しさが印象力の鍵を握っているかもしれません。

特に、キレイな肌は、清潔感を感じられ、相手の好感度がアップするものです。男性の中には、ニキビなど肌トラブルが原因で、自分の顔に自信が持てないという人いるのではないでしょうか。


男性の肌こそ!スキンケアが必要な理由は?


S__31670274

・肌の皮脂分泌は女性の約3倍
男性は、女性と比べて肌の皮脂分泌が約3倍も多いといわれます。雑菌が繁殖しやすくニキビなどの肌荒れが起こりやすい状態です。こまめな洗顔で肌を清潔に保つことが、まずは大切なワンポイントになります。

・意外にも常にカラカラ!乾燥状態の男性の肌
男性の肌は女性の肌に比べて元々の水分量が少ないため、ちょっとの事でもすぐに乾燥してしまう特徴があります。そのくせ、水分蒸散量は高いという悪循環な肌でもあり、男性の肌は常にカラカラの状態といっても過言ではありません。また、多くの男性が毎日の身だしなみのために髭剃りをしなければなりません。髭剃りではカミソリが人気ですが、肌の角質まで削ってしまい、肌の乾燥はいっそう進みます。
肌の皮脂分泌が多い男性は、洗顔をしたらそのままという人も多いかもしれません。水分補給・保湿を行わなければ、肌の乾燥が進み、皮脂がさらに分泌されるようになります。

・紫外線ケアおろそかにしていませんか?
若々しく魅せることを目的に、こんがりとした小麦色の肌を楽しんでいる方、いらっしゃいませんか?紫外線はお肌に百害あって一利なし。お肌の老化を加速し、気づいた頃には、年齢より老けた印象に。その小麦色の肌も若作りに映ってマイナスイメージになってしまうことも?
美肌の為に必須のケアが紫外線対策です。ただ、日焼け止めを習慣にしている男性は、まだまだ少ないのが現実です。紫外線は、シミやソバカスの原因となるだけでなく、肌の遺伝子にダメージを与えることで、シワやたるみなどを引き起こします。


男性のスキンケアの方法は?


S__31195156
具体的にスキンケアを始めようと思っても、どのようにしたらよいのか分からないという男性も多いはず。
まずは、肌を清潔に保って、水分補給と保湿を習慣にする!シンプルなケアからはじめてみましょう。

「GROWN ALCHEMIST(グロウン・アルケミスト)」から、男性の皆様にもオススメしたい、基本のスキンケアアイテムをピックアップしてみました。

1.洗顔
スキンケアの基本は洗顔から。男性では1日1度しか顔を洗わないという人も見かけますが、理想は朝夕の1日2回。洗顔料を泡立てて、ゴシゴシ擦らないように洗いましょう。
ジェントル ジェル フェイシャルクレンザー(洗顔ジェル) 4,500円

2.化粧水
洗顔が終わったら、肌が乾燥しない内に、化粧水を肌になじませます。化粧水は手のひらにとり温めながら包み込むように塗ると、浸透力がアップします。

S__31195157 バランシングトナー(化粧水) 4,000円


3.保湿クリーム
スキンケアの最後に行いたいのが、油分を補う保湿クリーム。肌の水分をクリームでしっかり閉じこめましょう。

S__31195155 ハイドラ リペア デイクリーム(フェイスクリーム|しっとり) 4,500円


プラスワン 週1〜2回のスペシャルケア


肌のスキンケア上級者が行いたいのが、週1~2回のスペシャルケア。肌がなんだかゴワゴワする時は余分な角質が肌に残っていて、上からどんなに保湿をしても、角質層まで水分を届けることができない状態です。
余分な角質はしっかりスクラブで落として、せっかくのスキンケアを実りのあるものにしましょう。

S__31670277 ポリッシング フェイシャルスクラブ(フェイススクラブ|角質ケア)6,500円


男性の肌もきちんと手入れを行うことで、理想の若々しいきれいな肌に近づくことができます。あなたも今日から肌のスキンケアを始めて、印象力をアップさせてみてはいかがでしょうか。


GROWN ALCHEMIST ニュース

Leave a Reply

メールアドレスは表示されません。 * は必須項目です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>