綺麗は指先から_GROWN ALCHEMIST


みなさんはじめまして!
BIOTOPE INC. 新人、南雲(ナグモ)と申します。

元美容師、ギリギリ乙女座生まれ。
乙女なものより洗練されたユニセックスなもの、しっとりと綺麗な音楽、
シンプルなライフスタイルに心惹かれる24歳です。

オーガニックに関するあれこれを勉強中。
正しい知識や何気ない日常がちょっと豊かになる
そんなコラムやリアルな情報をお届け出来ればなと思っています!

本年はより皆様のそばへ。と、いうことで
軽く自己紹介させていただきました!

早速ですが、、、

みなさんはお手元のケア、どうされていますか?


男性はあまり気にされない方も多いかもしれませんが、
特に乾燥するこのシーズンは、ハンドクリームが手放せない!
なんて方も多いと思います。

では、もう少しピンポイントに、爪や爪周りのケアはいかがでしょうか。
爪が欠けてしまっていたり、白く筋が入ってしまっていたり
乾燥や、二枚爪、ささくれ、、、などありませんか?

ジェルネイルをされている方はもちろん。実は、自爪の方も意外と負担がかかっているんです。
パソコンでの入力作業、お皿洗いなどの水仕事、それからちょっとした衝撃。
日常的に少しずつ、爪に負担をかけてしまっているんですね。

私達の爪は、完全に生え変わるまで約4〜5ヶ月。
美は一日にしてならず。まさにその言葉通り、こまめなケアが必要なのです。


GROWN ALCHEMISTから新しく発売された、栄養たっぷりのキューティクルオイル。
もしかしたら、みなさん既にチェック済みでしょうか?
今回は、私が実際に使ってみた感想も一緒に、ご紹介してみようと思います。


gra0186_cuticle_oil_hypericum_extract_neem_borage_1


GROWN ALCHEMIST キューティクルオイル(ネイル用オイル|保湿・保護)


優しく甘い、イランイランやバニラのベースに
ベルガモットやライムの爽やかな香りがスパイスとなった、甘すぎず、心地よい香りのオイル。
化学的な香料は一切使用せず、天然のエキスやオイルを使用しているので、しつこく香りません。
香り残りもさりげないので男性にもオススメしたいです。

使用感は、すーっと伸びがよく、ベタつきも残りません。
テカテカにならず、さらっと馴染み、健康的な艶に導いてくれました。


たっぷりアーモンド油の効果


内容成分の最大量を占めるアーモンド油には、
別名「発育のビタミン」と呼ばれるビタミンB2が含まれており、
お肌のターンオーバーを整えてくれたり、爪を強くしてくれる効果が。

また他のオイルと比べ、肌への浸透がゆっくりなため、じんわり馴染み
肌の表面だけでなくしっかりと奥まで浸透し肌を内側から潤わせてくれるのです。

自爪やキューティクルのみならず、ジェルネイル等の乾燥も防いでくれるので
もちが良くなるのも嬉しいところですね。

ここで、キューティクルオイルを使った簡単なマッサージをご紹介したいと思います。


あったか美爪マッサージで血行促進


1: 手を温める(お風呂上りだとより◎)
2: 爪の根本にオイルを適量塗布
3: 爪の根本・両サイドに馴染ませた後、爪の表面にかるく馴染ませる
  (爪が短い方は裏側付け根にもついでに馴染ませると◯)
4: 爪を縦に整えるように両サイド付け根をプッシュ(気持ちの良い力加減で)
5: 指を伝うように滑らせ、指の付け根をプッシュ(こちらも気持ちの良い力加減で)
6: 隣の指も同じように、繰り返す

お風呂上りの温まった状態でマッサージすると、よりオイルの浸透率がアップ!
ホットタオルで温めるのもいいですね。

このマッサージすると血行がよくなるので、
指先の冷え対策としても是非取り入れてみてください。


IMG_8915


イランイランの香りには、なんだか幸せな、
ゆったりとした気持ちで満たされるような、そんな効果があるそう。
日々のストレスやイライラを緩和し、穏やかな気持にさせてくれそうですね。

意外と印象に残る、手、指先、そして爪。
お仕事の合間のブレイクタイムや、おやすみまえのリラックスタイムに、
カップルや夫婦で一緒にケアしながら、ゆっくりお話。なんてのも素敵です。

いい香りで癒やされながら、清潔感のある手元へ。みなさまも是非!


BIOTOPE INC. 南雲


GROWN ALCHEMIST ニュース

Leave a Reply

メールアドレスは表示されません。 * は必須項目です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>