新生活に向けて〜入眠儀式のすすめ〜

みなさんこんにちは!BIOTOPE INC. 南雲です。

まだまだ寒い日が続いていますが、お身体の調子、体調管理など皆様いかがでしょうか。
もうすぐやってくる春のフレッシュなシーズンに向けて大忙し。なんて方も多いのではないでしょうか?
こういう時こそいつも体調万全でいたいですし、体の疲れや疲労感は次の日に持ち越したくないですよね。

そんな今回お話ししたいのは、見逃しがちな睡眠についてのお話。


睡眠って、思っている以上に大きな存在


普段なかなか眠りにつけない
眠りが浅く、疲れがとれにくい
夜中何度も目覚めてしまう
朝なんとなくスッキリしない、、、

睡眠が大切なのは、誰しも知っているはず。たぶん、頭の中ではみなさんわかっているでしょう。
ですがこれらの悩みを、忙しい日々に追われ当たり前にしてしまっていませんか?

みなさん大体、5~7時間程の睡眠を取っているかと思いますが、
それは、一日のおよそ1/4は睡眠のための時間ということ。
おおげさに言えば、人生の少なくとも1/4が睡眠の時間ということ。

改めて考えると、びっくりですよね。
その大きな時間を無駄にせず、しっかり脳や体を休ませてあげるためにも、
この機会に是非、少し見直してみましょう!
(特に悩みはないが、もっと睡眠を心地よくしたい!そんな方も是非)


AB76EB09-0798-41D1-9DFB-AF88E39AA9C0 (1)

“ 質の良い睡眠 ”とは


「寝つきがいい」
「途中で目覚めてもすぐ眠れる」
「朝すっきりと起き上がれる」

この三つの要素が合わさってはじめて、“ 質の良い睡眠 ”が取れていると言えるでしょう。

起きて1時間たっても、
「眠い~」「もっと寝たい~」「頭がぼーっとする」と感じているなら、
質のいい睡眠をとっているとは言えないのかもしれません。

質の良い睡眠で気持ちよく目覚めた朝は、
気分がスッキリするだけでなく、その日いちにち体がシャキッとよく動き、頭もクリアに働くのです。

そして、肌の調子も良く、全身の疲れが取れる!
肌や体のストレスが軽くなることで、前向きな気持ちで行動できそうですよね。

質の良い睡眠を取ると良いことがたくさんあります。
気分の安定、記憶力の向上、老化防止、そして病気の予防などなど。

改善の価値は十分にありそうですよね!


“ 睡眠の質 ”を上げるには


“ 質の良い眠りのために ”と言っても、様々な考えや方法、条件があります。
例えば、食事、入浴、時間、寝室の環境。
具体的に言えば、「就寝2〜3時間前までに食事を済ませる。入浴はぬるめのお湯にゆっくり浸かる。
寝る前はパソコンやスマホ、テレビを見ない。寝室の照明は極力暗くする。」などなど。

確かにこれらは、もちろん、守って損なし。納得のいく良い方法だと思います。

けれども、、、帰りが遅くなってしまうこともあれば、
どうしても寝る前に少し仕事をやっつけたい時もある。
観たいドラマがあったり、入浴せずシャワーで済ませちゃいたい日だってある。
時にはベッドへ直行、、、なんて。そんな日々が現実だったりします。

無理にライフスタイルを変えたり、極度な制限や我慢を強いるのは、
気持ちの面であまり心地よくないですよね。
睡眠の質を上げ、日々心地よく過ごしたいのに、ここでストレスが溜まってしまっては本末転倒。

そこで今回ご紹介したいのが
「ライフスタイルを変えるのではなく、新たな習慣を取り入れてみる」ということ。

C3A34D66-6157-4780-B7E4-4F18D6C51015 (1)

入眠儀式で睡眠の向上を


入眠儀式とは言葉通り、入眠のための儀式のことで、
“ これから寝るんだ ”と体に教えるために、意識的に決まった行動を一つ取ること。

眠る前に、例えば
・ハーブティーなどでホっと一息温まる
・決まった音楽を流す(歌詞のないゆったりとメロウな音楽やヒーリングミュージック)
・軽いストレッチやマッサージをする

私のオススメは、寝る前専用の香りをつくること。

寝室にお気に入りの落ち着く香りをチョイスするもよし
お気に入りの香りのマッサージアロマでマッサージするもよし

「この香りを嗅ぐと落ち着く」と思えるかが一番のポイント!

先日の記事「香りとともに暮らす」では
“ 香りは直接脳に訴えかける ”というお話をご紹介させて頂きました。
この脳の仕組みを上手く利用し、香りと睡眠をリンクさせ、覚えさせてあげることで
体が自然と、すーっと眠りに就こうとしてくれるのです。

すぐに効果は出ないかもしれません。
まずは思い出した時から。コツコツと、日々の習慣にしてみてくださいね。

BIOTOPE INC. 南雲


ニュース

Leave a Reply

メールアドレスは表示されません。 * は必須項目です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>